本当に会社に行きたくなくなった日

この記事は会社に行きたくない人への対処法だったり,どうやったら会社に行く気になるかといった,そんな処方箋のようなことを言いたいものではありません。

自分が本当に会社に行きたくなくなったとき,どういう行動を取ったかをただただ書いていくだけの記事です。

朝起きるとベッドから出られなかった

僕は以前適応障害の診断が出るくらいに,メンタルが追い込まれていた時期がありました。

その結果,そのときは休職ということになりました。

今回,また同じような状況になった,そんなときのお話です。

朝起きて,普通なら会社に行く準備を始める訳なんですが,その日はどうやってもベッドから出られませんでした。

会社に行くことを考えただけで肩で息をするようになっていて,ベッドの中でひたすら呼吸を荒げて何かに耐えているだけでした。

結局のところ,会社の人間関係でどうしてもダメなところがあった訳ですが,今までは何とかベッドから出ることが出来ていました。

でも,その日は本当に無理でした。

そこでどうしたか。

「仕事なんて放りだして,心療内科に行こう」

仕事に行くことを諦めて病院に向かうことにしました。

間髪いれず,何のためらいもなく会社を休むことを決めました。

「会社には行けないのに病院には行けるのか」という指摘もあるかと思いますが,そうなんです。

会社には行けないけど病院には行けるんです。

精神的に追い込まれた人間ってのはそんなものです。

僕は別にそれを悪いことだとは全く思いません。

無理なものは無理です。

すべてを放り投げた瞬間

病院に行くと決めたらもう会社なんて知ったこっちゃないです。

仕事がどうなろうが知ったことか。

そんな気分でした。

「自分を守れるのは自分しかいないんだ」

前回,適応障害になったときに実感したことが,ここで頭をよぎります。

そう,結局自分を守れるのは自分しかいないんですよね。

どれだけしんどそうにしていても,周りの人は気にしてくれません。

多少気にかけてくれる人はいるかもしれませんけど,ストレスのもとになっている人はまず気付いてくれません。

なので,もう自分で行動に出るしかありません。

そう思って病院に向かいながら思ったことは。

「もしまた診断書が出たら,今の仕事は放りだしてさっさと辞めよう」

これだけでした。

自分が急にいなくなっても仕事なんて勝手に回っていきます。

会社も絶対に潰れません。

ひとりの会社員がいるかいないかなんて,会社には何も影響しないんですよ。

それが分かっていたので,僕は病院に向かうときにそう決断しました。

結局また適応障害になった

そのまま病院に向かって,医師の診断を受けた結果はまた「適応障害」でした。

結局のところ以前適応障害になった後に,そのまま同じ部署に復職したことが間違いでした。

まぁ自分の中では分かり切っていたことではあるんですが。

そういう訳で,その日自分の中ではすべてを放り出す決心が出来ました。

「診断書をさっさと出して,少しでも早く辞めてやろう」

それしか頭の中にはありませんでした。

次の仕事も決まっていない状態でさっさと仕事を辞めることには,何のためらいもありませんでした。

とにかく今の環境から離れることだけを優先していました。

まぁ多少会社からは嫌味は言われましたが,そんなの知ったこっちゃねぇって話ですよ。

今までも散々休職者・退職者が出ているのに,それを放置していた方が明らかにおかしいだろっていう話ですよ。

結局,その翌日に会社に診断書を出して,さっさと休みに入ることになりました。

もう辞めることは決まっていたので,休みに入る=そのまま退職ということですね。

会社に行かないという選択肢もある

という訳で,やや尻切れトンボ感がありますが,仕事を放り出すことを決断した時のことをつらつらと書いてみました。

今現在,どうしても仕事に行きたくないという人は,少なからずいると思います。

得体の知れない責任感から嫌々ながら会社に頑張って行っている人も多いと思います。

そんな人に対して無責任に「仕事なんて放り出してしまえ」なんて言いたいわけでもありません。

続けられるのであれば続ければいいと思いますし,そのストレスが一過性のものであるならば少しだけ我慢してみるというのもいいと思います。

ただ,「自分が行かないと仕事が回らないから」というような何の根拠もない責任感から,精神をすり減らしながら会社に行く日々をひたすら繰り返しているだけであるならば。

すべてを放り出してみるというのも悪くはないんじゃないでしょうかね。

意外とスッキリするもんですよ。

辞めた後のことは,辞めてから考えればいいじゃないですか。

当然唐突に会社を辞めることに不安を覚える人もいると思いますが,人生何だかんだなるようになるもんですよ。

今いる会社だっていつまであるか分からない訳ですし,急に大規模なリストラが行われたりもする訳ですし。

身体に鞭打って会社に行っても,会社が守ってくれる保証なんて全くないですしね。

僕自身が経験したように。

もう一度言っておきますが。

あなたがいなくても仕事は回りますし,会社が潰れることもありません。

ただただ,あなたはどうしたいのか。

今の人生に満足しているのか。

満足していないなら,どういう生き方をしたいのか。

それを,今一度考えてみるのも悪くはないんでしょうか。

スポンサーリンク