何となく転職してみたいなと思ったときの注意点

社会人として働き始めて2~3年も経ってくると,何となく転職してみたいかもなーと思うことも出てくるんじゃないかと思います。

僕も最初はそうでした。転職を考え始めたきっかけは何となくでしたが,最終的には地元に戻るという選択をするところまで考えて,なおかつ実際に地元の企業に転職するというところまでいきました。そのため,転職について何となく考え始めること自体は特に問題ないというか,ごくごく普通のことなんだろうなと思います。

実際に僕の周囲でも「明確な理由がある訳ではないけど,転職してみようかな」と言い出す知り合いも結構増えてきていまし,実際に転職していっている人も結構います。

ただ,実際に転職してみて,さらにその後先考えずにその転職先も辞めることになった経験から,何となく転職を考え始めたときに注意した方がいいだろうなーということがありますので,今回はそれについて書いてみたいと思います。

何となく転職してみたいときの理由

明確な理由がないときの転職理由というのはこんな感じでしょうか。

  • 今の仕事に飽きた
  • 今の会社に飽きた
  • 地元に戻るのもアリかなと思うようになった
  • 今の会社でしか生きていけない人間になりそう
  • 自分の市場価値を知ってみたい

実際に自分が考えたものがほとんどですが,だいたいこんなところなんじゃないかなーと思います。

結局のところ,自分自身でどう判断するかというところではありますが,転職をしてみた経験からそれぞれの理由について思うところと,転職すべきかどうかというところを書いていきます。

ひとことで終わっちゃう理由もあったりしますが,まぁそれはご愛敬ということで。

今の仕事に飽きた

「まずは今の会社の中で別の仕事ができないか探してみるべき」

この場合はとりあえず今の会社の中で別の仕事ができないか探してみましょう。正直言って会社は社員個人の事情というはあまり考えてはくれませんが,辞める前提となれば意外と別の部署に異動させる提案をしてくれたり,別の仕事を回そうとしてくれたりします。

僕が前職を辞めると言い出したときも,「辞めるくらいなら別の部署に異動とかできるよ」と言われました。僕の場合は会社自体に嫌気がさしていたこともあって,その提案は蹴って結局辞めることにしましたが。

他社に転職するというのは何だかんだ結構ストレスがかかりますし,エネルギーも使うものです。人間関係もゼロから構築していかないといけないです。同期というものもいなくなります。気兼ねなく頼ったり,雑談したりできる人間がいなくなるというのは,思っている以上にストレスになります。

会社の文化に慣れたりするのも大変ですし,仕事の進め方も場合によっては大きくなるので,前の会社のやり方に慣れている人は「面倒くさい文化だなぁ」と思うようなこともあります。また,社内システムの使い方などもゼロから覚えないといけないのですが,これを人に聞いたりするのが意外と面倒というかストレスだったりします。「簡単なことなんだけど,人に聞かないと分からないし,意外と人の時間を取ってしまう」ということを聞くのは,何だかんだ結構ストレスを感じてしまうことです。

今の会社に飽きた

「転職したいならすればいいけど,たぶん後悔する」

転職した場合に感じるストレスは「今の仕事に飽きた」の章で書いた通りですが,この理由の場合はひとつ大きな問題があります。

会社を嫌になって辞めるのであれば,次はその問題がない会社に行けばいいだけですが,「会社に飽きた」という場合は大体が「定年までずっとこの場所に来ないといけないのか…」というような悩み(?)なんじゃないかと思います。

この場合は,転職しても結局またその会社に飽きてしまう可能性が高いです。僕自身,転職した後の会社でこの悩みというか心配は少し感じました。特に地方の会社に転職したため,余計に「定年までずっとここに来ないといけないんだなぁ…」と感じたことはあります(結局すったもんだあって2年程度で辞めましたが)。

そうなると,これからの人生ずっと所謂ジョブホッパーとして生きていかないといけなくなります。もちろん,どんどんステップアップしていこうという気概のある人であれば問題ありませんが,何となく転職を考えるタイプの人にはジョブホッパー的な生き方はあまり向いていないんじゃないかと思います。

という訳で,会社に飽きたという理由だけで転職してしまうのは結構危険だと思います。ずっと同じ場所にある会社に定年まで通わないといけないという事実は仕方がないことと諦めて,そのストレスの解消方法を考えるなど,別の方法を探す方が最終的には幸せになれるんじゃないかと思います。

地元に戻るのもアリかなと思うようになった

「今後どこで生きていきたいかを考えて好きに判断する」

これについては,もう好きにしてくださいというところが正直な答えだと思います。

都会にいるメリット・デメリット,地方にいるメリット・デメリットは色々あります。人によってもメリット・デメリットは変わると思います。自分にあった生き方が出来るのはどっちなんだろうということをよく考えて決めればいいんじゃないかと思います。

地元に戻るのはどうなのかとか,地元に実際に戻ってみて感じたこと・考えたことは過去にも書いていますので,参考になるものがあれば読んでみてもらえればと思います。

今の会社でしか生きていけない人間になりそう

「スキルを棚卸してみて確認するだけでいい」

これは正直,業種や職種によって結構異なるんじゃないかと思うので一概にはいえないかなと思います。僕個人の経験から言えば,技術職なら多分別の会社でもやっていける(一流企業には行けなくても,行先は何だかんだある)という感じなんじゃないかと思います。特にIT系の職種ならほぼ間違いなく問題ないと思います。

ただ,技術職とは言いつつも技術に全然触れていなくて,社内政治で頑張って生きているような人だったり,上司に気に入られているから何とかなっているというような人は知りません。知りませんというか多分受け入れてくれる会社はないでしょう。

もし心配なら,一度職務経歴書を作ってみるといいと思います。今までのプロジェクトだったり業務だったりでやったこととか担当した内容,使ってみた技術を実際に文字として書き出してみると「意外とあるじゃん」と感じるんじゃないかと思います。もしそう感じたのであれば,おそらく何だかんだ他に行ける会社は見つかると思います。まぁその上で転職するしないは自由ですが,「今のままで他の会社でやって行けるか心配だな」と思っているだけであれば,特に転職する必要はないと思います。

その代わりに,定期的に自分が持っているスキル・習得したスキルの棚卸をしてときどき自分の能力を確認してみましょう。わざわざ転職しなくても自分が持っているものを確認できればそれで十分だと思います。

営業職や事務職でも多分同じなんじゃないでしょうか。今までの実績であったり,自分が出来ることを整理してみて現状を確認できればそれでいいんじゃないかと思います。

自分の市場価値を知ってみたい

「とりあえず転職活動を始めましょう。ただ実際に転職するかは慎重に判断」

この動機については,実際に転職活動をしてみたらいいんじゃないかと思います。結局のところ自分の市場価値というのは,採用時に提示される年収でしか測ることはできませんので,実際に転職活動をしてみて「採用されるかどうか」「どのくらいの年収が提示されるか」というところで判断してみればいいんじゃないかと思います。

ただひとつだけ注意しておかないといけないのは「実際に採用が決まると,意外と実際に転職してしまう」という点です。内定がでると何となく自分を評価してくれた気がして,その企業に行ってみたくなるものです。ただ,そもそも転職の動機が「自分の市場価値を知りたいだけ」という場合は,実際に転職してしまうと最初に書いたように色々なストレスに悩むことになってしまうんじゃないかと思います。場合によっては「前の会社には不満はなかったのに転職してしまって後悔…」という可能性も高いんじゃないかと思います。

そういう訳で,この理由の場合は転職活動をしてみたらいいと思いますが,

  • 本当に転職してしまう場合の基準を考えておく(年収/役職/福利厚生などなど)
  • 内定を蹴る場合の理由をある程度想定しておく(内定企業向けの言い訳)
  • 転職活動を辞める理由を考えておく(転職エージェント向けの言い訳)

という辺りを事前に考えておいた方がいいと思います。

まとめ

それぞれの理由について実体験から好き放題書いてきましたが,こうやって書き出してみるとやっぱり「何となくなら転職しない方がいい」ということになりそうな気はします。

環境を変えるというのはやっぱりそれだけ大きなストレスを感じてしまうものですし,極力不要なストレスは感じることなく現状を変えられるのであれば,それに越したことはないと思います。

今「何となく転職したいなー」と思っている人に言いたいことは,「そう感じでしまうのは仕方ないし,多くの人が感じていること」ということです。人間である以上,ある程度”飽き”というものは感じてしまうものですし,それ自体は別に悪いことではないと思います。ただ,何回も言いますが,環境を変える方法というのは転職に限らず色々ありますので,まずは今いる環境の中で少し変えてみるというところから初めてみるのがいいんじゃないかと思います。

まぁ明らかに今の会社に不満があるという場合は,さっさと転職してしまうのがいいとは思いますがw

スポンサーリンク