ロードバイクをヘルメットで立てる方法

ロードバイクで出かけたときに,ロードバイクと景色の写真を撮りたくなることがあると思います。

例えばこんな感じですね。

ちなみに,この写真は石川県羽咋市の神子原です。棚田の景色が綺麗です。

こんなときに,ロードバイクを立てかけられるようなところがあれば特に問題ないのですが,場合によっては立てかけられるところが全然無いことがあります。

そんなときにどうするか?

上の写真みたいにヘルメットで立てるというのがよくある方法かと思います。

慣れてしまえば単純ですが,やり方を知らないと意外とうまくいかなかったりするので,今回はその方法を記事にしました。

重要なのは,ロードバイクを止めているときに「クランクはどっちに回って,どっちには回らないか?」です。

クランクが回る向き・回らない向きはどっちでしょうか。

こんな感じですね。

※写真ではスタンドを使っていますが,地面に接している状態で考えてください。

これが確認できればもう立て方は分かりますね。

立てられる場合,立てられない場合はこうなります。ポイントは立てかけたときにクランクがどっちに回るかです。

以上です。

これでいつでも写真を撮られるようになったはずなので,みんなで素敵な写真を撮りまくりましょう!

スポンサーリンク